チャールズパッチ

平素よりシューリペアショップRESHをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今日のお題は、英国のウェルドレッサーと言えば必ず名前の挙がる「プリンス・チャールズ」にちなんだ修理、「チャールズパッチ」です。

チャールズ皇太子の愛用するジョン・ロブ・ロンドンに、革が接ぎ当てて修理されている事から、名付けられたようです。

ちなみにビスポークシューメーカーとして知られるジェイソン・アムスベリーの顧客も、ロンドンロブにチャールズパッチを施して履き続けるようです。まさに英国紳士です。

しかし実際に、ひび割れたり破れたりした靴のアッパー(甲革)に革を当てる場合、非常に悩ましい問題があります。

革のデザインは?大きさはどのくらい?厚みは?色は?キャップの角度に合わせる?それともクォーターの切り替えに合わせる?

元々のデザインのように自然にできればベストですが、難しい(もちろん全身全霊でがんばりますが)

あえてパッチワーク的に貼るならやり易いかと言えば、それはそれで悩む。どの道悩むのですが、見本があればイメージが共有し易いですよね。

こちらは大きく貼り込んだタイプ。そして

ヒールカップをカバーしたタイプ、

スニーカーのつま先部分に大きくカバーしたタイプ、

そしてチャールズパッチからは外れますが、

チャーチの履き口破れを

補強しました。

今回はブローギング(穴飾り)を再現しています。

皆さまのお好みに最大限お応えいたします。

ぜひご相談くださいませ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 今年も新宿伊勢丹メンズ館にて【靴博】開催!会期は9/25~10/5昨…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府からの緊急事態宣言を受け、一部店舗については、臨時休業もしくは…
  3. いつも、RESH.のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、業務拡大に伴…
PAGE TOP